選手一覧はこちらをクリック
DF

第276回 小泉淳嗣ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

身長183センチ73キロという恵まれた体格を生かし、相手キーマンに仕事をさせないほどタイトで激しいマークが持ち味のセンターバック小泉淳嗣。
 
日産自動車サッカー部に入部後、jリーグ開幕時は横浜マリノスでプレー。日本代表の井原正巳と共にマリノスの堅守を支えた。
 
マリノス退団後は横浜フリューゲルス、川崎フロンターレでプレー。
 
小泉はキックも正確で最後方から大きく前方に効果的なフィードを配給した。

小泉淳嗣のJリーグ入り前

小泉は1968年に栃木県真岡市に生まれた。
 
中学校卒業後、宇都宮学園高校(現・文星芸術大学附属高校)へ入学。1986年第64回全国高等学校サッカー選手権大会では1学年後輩の黒崎久志とともに準々決勝で3連覇を目指していた帝京高校を下しベスト4に進出。準決勝は接戦となったが真田正則、江尻篤彦擁する清水商業に0-1で敗れている。この年は清水商業が四日市中央工業を破り優勝を果たしている。
 
1986年国士舘大学へ進学、サッカー部へ入部。しかし1988年に中退し横浜F・マリノスの前身である日産自動車サッカー部へ入団する。
 
日産自動車では入団3年目にレギュラーを獲得。1990-1991シーズンは柱谷哲二、井原正巳とコンビを組みリーグ戦全チーム最少失点となる10失点に抑える活躍を見せるが爆発的な得点能力をもった読売クラブが優勝を果たし、日産は2位に甘んじた。
 
1992年、日産自動車はjリーグ入りのために横浜マリノスへ改称。主力選手が移籍をしていく中、小泉は残留しマリノスでjリーガーとなる。

小泉淳嗣のJリーグ入り後


★Jカード 横浜マリノス 小泉淳嗣

小泉は1993年5月15日Jリーグ開幕戦となるサントリーシリーズ 第1節ヴェルディ川崎戦でjリーグ初出場を飾る。前半19分にヘニー・マイヤーに振り切られJリーグ第1号ゴールを許してしまったが、この開幕戦は2-1で見事勝利している。
 
第18節名古屋グランパス戦では前半14分にjリーグ初ゴールをマーク。小泉のこのゴールが決勝点となり1-0で勝利を収めた。序盤戦はセンターバックとして出場を続けたが小村徳男が頭角を現すと守備的MFとして出場するようになっていった。jリーグ開幕年はリーグ戦27試合に出場。
 
1994年は1stステージはレギュラーとして起用されるも2ndステージからは出場機会が減少。1995年は更に減り、シーズン途中で横浜フリューゲルスへ移籍。
 
フリューゲルスでは大嶽直人、岩井厚裕、高田昌明とともにDFラインを形成。1stステージ第15節では古巣のマリノスと対戦したが小泉はイエローカード2枚をもらい退場となっている。
 
1997年にJFLの川崎フロンターレに移籍。
 
Jリーグ経験の豊富なベテランとしてチームを牽引。リーグ戦30試合中22試合に出場しフロンターレの年間順位3位に貢献するもこの年限りでユニフォームを脱いだ。

小泉淳嗣の引退後と現在

小泉淳嗣の引退後については詳細は判明していない。何かわかり次第このサイトでも紹介していきたいと思う。

小泉淳嗣は現役時代、ハードなマークが身上の選手だった。1993年8月7日1stステージ第4節の鹿島アントラーズ戦では神様ジーコを徹底したマンマーク。後半にバイタルエリアにドリブルで侵入したジーコに臆せずにスライディングでタックル。この強烈なタックルに小泉にはイエローカードが出た。足をおさえて痛がるジーコに小泉は手を差し伸べたがジーコは手を叩いてそれを拒否。この行為に対してジーコにもイエローカードが出たが、この判定を不服としたアルシンドが激高。審判にボールをぶつけて抗議を行った結果、イエローカードを提示され後日、審判への暴力行為として4試合出場停止処分が降っている。

たとえ相手が大物であろうとも怯まずに執拗なマンマークを徹底した小泉を象徴するような記憶に残る試合となった。