選手一覧はこちらをクリック
DF

第264回 伊藤哲也ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

カバーリング能力に優れ、センターやサイドなどDFならどのポジションもこなせる守備のスペシャリスト伊藤哲也。

1994年に入団した横浜マリノスでは出番に恵まれなかったものの、1997年から加入したサンフレッチェ広島で頭角を現し堅守・広島のディフェンスラインを支えた。

サイドバックでプレー時はドリブルで持ち上がり度々豪快なミドルシュートを決めるなどDFながらJ1リーグ通算8得点をマーク。

怪我に泣かされたシーズンもありながらもミスの少ない堅実な伊藤の守備能力は所属した各チームで重宝された。

伊藤哲也のJリーグ入り前

伊藤は1970年に北海道札幌市に生まれ、その後千葉県千葉市で育った。

千葉市立千城台旭小学校に入学。小学4年生でサッカーを始めた。

八千代松陰中学校卒業後、松陰高等学校に進学。

高校卒業後、法政大学に進学。同期に古賀正人がいる。大学時代はストッパーとして活躍しバルセロナオリンピック日本代表候補に選出される活躍を見せた。

大学卒業後、JSL2部のNKKサッカー部(日本鋼管サッカー部)に加入。新人ながらリーグ戦13試合に出場。ジェルソン 、神田勝利と強固なDFラインを形成しNKKのリーグ戦3位に貢献。

しかしNKKはこの年限りで廃部となり、伊藤哲也は1994年に横浜マリノスに加入する。

伊藤哲也のJリーグ入り後

伊藤は入団時より高い守備能力を評価されるも、マリノスには既に井原正巳小村徳男鈴木正治といったタレント選手が揃っていた為、出場機会には恵まれなかった。

1997年、3シーズン過ごしたマリノスを離れサンフレッチェ広島にレンタル移籍。

上村健一、トニー・ポポヴィッチらと堅守を築き冷静な判断力を武器に頭脳派DFとして活躍。

完全移籍となった1998年2nd第6節ガンバ大阪戦ではJリーグ初ゴールを記録。2-0での勝利に貢献した。第7節横浜マリノス戦、第15節横浜フリューゲルス戦でもゴールを決める。この3ゴールはいずれも途中出場からのゴールだった。

以降もコンスタントに試合に出場したが2001年、NKK在籍時に指導を受けた倉又寿雄がヘッドコーチを務めていたFC東京へ移籍。

FC東京では守備陣を統率するリーダーシップを発揮。本職のセンターバックだけでなくサイドバックでも堅実なプレーを見せた。

2002年、新加入ブラジル人DFジャーンをサポートし主力として活躍したが、シーズン終盤にかけてコンディションを崩し若手の茂庭照幸にポジションを奪われる形となった。

2003年は足首の負傷で出場機会を失い、この年限りでFC東京を退団。

2004年に大分トリニータに移籍するも度重なる怪我の為に出場機会を得ることは出来ず、同年限りで現役生活に幕を下ろした。

伊藤哲也の引退後と現在

伊藤哲也は引退後、企業に勤めながらFC岐阜のアマチュア選手としてプレー。

2008年にはコーチとなり、2009年からはFC岐阜のセカンドチームの監督を務めた。

引退後は地元である千葉県などでサッカースクールを行う。2018年にはFC東京の創立20周年を記念したOB戦に参加している。

伊藤哲也は現役時代、高さと速さを兼ね揃えた頭脳派DFとして活躍した。

特にカバーリング能力の高さは秀逸だった。

コンビを組むセンターバックやサイドバックの選手への的確な指示出しとスペースをいち早く埋める能力はリーグでもトップクラスの選手だったのではないだろうか。