選手一覧はこちらをクリック
MF

第230回 石丸清隆ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

展開力に優れたボランチとして知られ、アビスパ福岡や京都ぱーふさサンガで活躍した石丸清隆。

ミスが少なく安定感があり、攻守のバランサーとして11年間に渡りJリーグでプレー。

2002年には堅実なプレーで京都パープルサンガ天皇杯の制覇に貢献。

現役晩年に加入した愛媛FCではチーム最年長選手として若いチームを牽引した。

石丸清隆のプロ入り前

石丸清隆は1973年に大阪府交野市で生まれた。

小学2年でサッカーを始め中宮JSCに所属。

中学、高校時代は枚方FCで汗を流した。

大阪府立交野高等学校卒業後、阪南大学に入学。サッカー部に入部する。

大学1年時にユース日本代表に選出。大学4年時には夏季ユニバーシアードのサッカー日本代表に選ばれ斉藤俊秀、内舘秀樹、望月重良、上野優作らと共にプレー。日本の初優勝に貢献した。

1996年、石丸は大学卒業後にアビスパ福岡に入団する。

石丸清隆のプロ入り後


石丸のJリーグ初出場は1996年3月30日に行われた第4節ヴェルディ川崎戦だった。

その後もボランチとして出場を続け、10月16日の第24節ジェフ千葉戦でJリーグ初ゴールを記録。3-2での勝利に貢献した。入団1年目からリーグ戦23試合に出場するなど主力選手として活躍した。

固定番号制となった1997年からは背番号8を背負った。しかしアビスパ福岡は勝利に見放され下位に低迷。1998年には年間総合順位が最下位となってしまい、翌年から開設されたJ2リーグ降格回避をかけてJ1参入決定戦にまわった。

石丸はこの参入決定戦5試合全てに出場。12月5日のJ1参入決定戦第5節のコンサドーレ札幌戦では先発出場していた藤本主税に替わり81分にピッチに入ると89分にゴールを決め、J1残留に大きく貢献した。

2001年京都パープルサンガへ移籍。

前年まで三浦知良が背負っていた11番を背負いJ2だったチームのJ1昇格に貢献。

2002年には天皇杯のチームの初優勝に大きく貢献。黒部光昭、松井大輔、朴智星という攻撃的なメンバーの後ろでチームを支えた。石丸は翌年にキャプテンに就任しチームをまとめる。

2004年まで主力選手として活躍していたが2005年には出場機会が全く失くなり、同年10月末にJFLの愛媛FCに期限つき移籍。1カ月弱の非常に短い契約ながらJ2昇格に一役買い、パープルサンガから戦力外通告を受けると愛媛FCに完全移籍を果たす。

愛媛へ完全移籍後は途中出場となることが多かったがリーグ戦31試合に出場。チーム最年長選手として若い愛媛FCを牽引。

2006年シーズンをもって現役引退を発表した。

石丸清隆の引退後と現在

石丸清隆は引退後、愛媛FCのトップチームコーチとなった。2013年からは愛媛FCの監督となり、2015年からは京都サンガの監督を務めた。

2017年からは松本山雅FCのトップチームコーチを務めている。

石丸清隆は現役時代、パス、ドリブル、ゲームメイク、そしてディフェンスとオールラウンドな能力を有するボランチとして活躍した。

派手さはないが堅実なプレーで攻守両面でチームを支えた。このポジションは展開を見抜く観察力と瞬時にパスコースを限定する危機察知能力がないと務まらない。

11年に渡りJリーグでプレーしリーグ戦通算275試合に出場を果たした石丸清隆にはその能力が備わっていた。