選手一覧はこちらをクリック
DF

第211回 中田洋介ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

両サイドを主戦場とし、豊富な運動量で守備への労も惜しまない。

また、攻撃面でも意表を突いたオーバーラップで相手DFの裏をついての飛び出しを得意とし、決定力も高い中田洋介。
 
駒澤大ではキャプテンとしてチームをまとめて関東リーグ制覇に貢献。中田はMVPに選出されユニバーシアード日本代表に選出されるなど大学屈指の実力派としてベガルタ仙台に入団した。

2005年シーズン途中からそのスピードと運動量を生かしてサイドバックにコンバートされ、プレーの可能性が広がった。

中田洋介のプロ入り前

中田洋介は1981年に岩手県大船渡市に生まれた。
 
小学3年生の時に地元の大船渡三陸FCに入団しサッカーを始める。
 
大船渡中学卒業後、サッカーの名門である大船渡高校へ進学。中田の2学年先輩には小笠原満男が居た。
 
名将・斎藤重信監督の下で学び、3年時に全国高校サッカー選手権に出場。
1回戦で中山元気、高松大樹擁する多々良学園と対戦し1-2で敗れた。この年岩手で開催されたインターハイにはチームのキャプテンとして参加している。
 
高校卒業後、駒澤大学へ進学。
同学年には那須大亮、橋本早十、1学年上には巻誠一郎、深井正樹、中後雅喜、太洋一らがいる。
 
戦力の整った駒澤大学は関東大学リーグ2連覇、総理大臣杯2連覇を達成。
中田はチームのキャプテンとして攻撃の起点となり、大学4年時に関東大学サッカーリーグ戦MVPに選出。
またユニバーシアード日本代表として岩政大樹、田代有三、兵働昭弘らと韓国大会を戦った。
 
大学卒業後、中田洋介はJ2のベガルタ仙台へ入団する。

中田洋介のプロ入り後


ベガルタ仙台に入団後は、1年目からレギュラーを獲得。リーグ戦26試合に出場した。
 
加入2年目からは中田のスピードど運動量が評価され右サイドバックにコンバートされる。
 
高い攻撃意識を持ったサイドバックとして2005年はリーグ戦23試合、2006年はリーグ戦31試合に出場を果たした。
 
2007シーズンは望月達也ヘッドコーチが監督に就任。カウンターへの対処と守備の安定化の為にサイドバックの攻撃参加を限定的にした戦術が敷かれた為、中田の持ち味が生きず出番は減少。リーグ戦7試合の出場に留まり、このシーズンを持って仙台を離れた。
 
2008年は同じJ2の横浜FCへ加入。
 
都並敏史監督の元、右サイドバックとしてプレー。ユニバーシアードで共に戦った戸川健太や後の日本代表となる太田宏介らと共にDFラインを形成。
 
中田自身はリーグ戦28試合に出場するも目標であったJ1昇格は果たせず、都並監督も解任された為に中田は1年で去る事になった。
 
その後、東北リーグに戦いの場を移し、地元岩手のグルージャ盛岡に移籍。
 
キャプテンとしてチームを牽引し、2年連続で東北リーグ制覇を達成するが全国地域リーグ決勝トーナメントで敗退し、JFL昇格を惜しくも果たせず2010年シーズンをもって引退することとなった。

中田洋介の引退後と現在

中田は引退後、2012年からグルージャ盛岡のアンバサダーを務め、2014年から高校教員となり母校である大船渡高校サッカー部の監督を務め、2017年からは同じ岩手県内の強豪校である盛岡商業高校へ赴任に、教員をやりながら監督を務めている。
 
岩手県にはサッカー強豪校といわれるチームがいくつか存在する。
元日本代表の菊池新吉や新吉の実弟でありグルージャ盛岡監督を務める菊池利三を輩出した遠野高校。岩手の英雄である小笠原満男を輩出した大船渡高校、そして第85回全国高校サッカー選手権で優勝を果たした事が記憶に新しい盛岡商業高校だ。
 
元Jリーガーが高校サッカーの指導者になるケースは少なくない。しかし選手権に出場出来る監督は一握りだ。2018年の全国選手権には元名古屋グランパスの岡山哲也率いる中京大中京高校など4人の元Jリーガー監督が選手権を戦った。
 
地元の有名選手である中田洋介が盛岡商業高校で指揮を執る意味は岩手県サッカー界にとっても非常に大きい事である。中田が巻き起こす岩手旋風を期待したい。