選手一覧はこちらをクリック
DF

第164回 柱谷哲二ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

強烈なリーダーシップと的確なカバーリングを持ち味に長きに渡って日本代表のキャプテンを務めた柱谷哲二。

ドーハの悲劇が起きたあの日、試合後にピッチで誰よりも感情を露わにしたのはラモスでもなく三浦知良でもなく、柱谷哲二だった。

タレント揃いのヴェルディ川崎や日本代表でまとめ役に徹し、監督からも絶大な信頼があった柱谷哲二。

常に闘志をむき出しに味方を鼓舞し、全力で戦う姿を見て人は彼を「闘将」と呼んだ。

柱谷哲二のJリーグ入り前

柱谷哲二は1964年に京都府京都市に生まれた。

4つ上の兄である柱谷幸一の影響でサッカーを始めた。

花園小学校少年団で本格的にサッカーを学び、双ヶ丘中学校を卒業後に兄と同じく京都商業高校(現京都学園高校)に進む。

小学校、中学校、高校といずれもキャプテンを務めた。

高校時代は監督から「お前は体力がない」と言われ毎晩5㎞の山越えのランニングを半年間続けたという。

高校3年時に念願の全国高校サッカー選手権出場を果たした。

高校卒業後、兄を追う形でサッカーの名門である国士舘大学へ進学する。1学年上には後の日本代表の宮澤ミシェル、1学年下には後のVファーレン長崎の監督となる東川昌典、清水エスパルスで活躍する向島健がいた。

大学2年時から2年連続で関東大学リーグ1部優勝を経験した。

大学を卒業後、日本サッカーリーグ1部の日産自動車サッカー部へ入部。

日産では兄・幸一と共にプレーし、入団2年目には日産の優勝に貢献し、JSL最優秀選手賞を受賞した。

この活躍を受けて柱谷はこの年の1988年から毎年日本代表に選出される事になる。

翌年1989年もマリノスは優勝、柱谷はJSLベストイレブンに選出される。

的確なカバーリングと鋭い読みで守備の要として活躍した。

1992年には後に日本代表でもコンビを組む事になる井原正巳とセンターバックを形成。柱谷、井原ともベストイレブンに選出された。

このシーズン終了後、それまで5シーズン過ごした日産を退団しヴェルディ川崎へ移籍する。

柱谷哲二のJリーグ入り後


1993年5月13日のJリーグ開幕戦であるヴェルディ川崎対横浜マリノス戦にキャプテンとしてJリーグデビューを果たす。

以降、ラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、三浦知良、ビスマルク、都並敏史などを擁したスター軍団のまとめ役としてチームを牽引した。

日本代表としてもアメリカワールドカップ出場を目指す代表のキャプテンとして、出場を続ける。

新たに就任したオランダ人指揮官のオフト監督と個性豊かな選手達のパイプ役として柱谷は重要な役目を果たした。

特にチームの司令塔であったラモス瑠偉がオフトと衝突した時、柱谷は合宿所のラモスの部屋で「俺たちはオフトを信じてやっていく。もしラモスさんがオフトとやれないなら代表を自分から辞退してほしい」と直訴している。

このままではチームが崩壊すると感じていた柱谷の一大決心だった。柱谷はこの時ほど緊張した事はないと後のインタビューで語っている。

柱谷の熱い思いもあり、ラモスも気持ちを切り替えチームはひとつになった。

アジア最終予選を勝ち抜き、念願のワールドカップ初出場に向けてあと一歩と迫ったあの日。

1993年10月28日。悲劇が起こる。

後半ロスタイム、左サイドから入れられたクロスに合わせたオムラムのヘディングは緩やかにゴールマウスに吸い込まれた。

ラモスが呆然とし、中山が崩れ落ち、三浦知良は立ち上がれなかった。

試合終了の笛が鳴り響き、日本代表は目の前まで迫ったワールドカップ出場をあと少しのところで逃した。

柱谷哲二は感情を露わにして泣いた。誰よりも泣いた。

それまで闘将と呼ばれ、時には鬼の剣幕で戦った男の泣き崩れる姿はブラウン管越しに見てもショッキングで、それだけで失ったものの大きさを計り知るのに十分だった。

柱谷はその後もヴェルディの中心選手としてヴェルディの2年連続年間チャンピオンに貢献。

柱谷は1993年から3年連続でベストイレブンに選出された。

センターバックとしてだけでなく、守備的MFとしても起用された1995年は得点能力の高さを見せリーグ戦5得点を記録している。

1998年にヴェルディの親会社である読売新聞が撤退する事を受け、高年俸だった柱谷は0円提示を受ける。

現役続行を希望するも所属先は見つからず、この年限りで現役を引退した。

柱谷哲二の引退後と現在

柱谷は引退後、2001年から母校の国士舘大学サッカー部コーチに就任。

その後はコンサドーレ札幌、浦和レッズ、東京ヴェルディ、水戸ホーリーホック、ガイナーレ鳥取を指導。

2018年にはギラヴァンツ北九州で監督を務めた。

柱谷哲二は現役時代、日本代表として72試合を戦った。

ドーハの悲劇後のインタビューでは現役である以上は1998年フランスワールドカップも2002年日韓ワールドカップも目指すと語っていた柱谷だったが1995年以降、代表戦から遠ざかった。

その後、日本代表のキャプテンは井原正巳、宮本恒靖、長谷部誠と受け継がれていった。

指導者となった今もその熱い思いは変わらない。

闘将の戦いは続いていく。