選手一覧はこちらをクリック
DF

第109回 岡山一成ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

打点の高いヘディングを武器にFWからDFまでこなすオールラウンダー、岡山一成。

熱い魂のこもったプレーだけでなく、明るくユニークな性格はサポーターから絶大な支持を受け、ホームスタジアム勝利後に行われる「岡山劇場」は多くの人を楽しませた。

 
39歳までに渡り歩いたチームは10チーム。
 
そのどのチームでも岡山はプレーでチームを盛り上げ、盛大なパフォーマンスでサポーターを沸かせてきた。
 
3チームをJ1昇格へ導いた昇格請負人、岡山一成に迫る。

岡山一成のプロ入り前

岡山は1978年に大阪府堺市南区に生まれた。
 
新桧台小学校2年生の時に兄の影響でサッカーを始める。
 
小学校時代はFWとして堺市選抜チームに選出。
 
岡山のひとつ下に稲本潤一も所属していた。
 
赤坂台中学校時代に身長が伸び、MFで活躍した岡山はサッカーの強豪である初芝橋本高校へ進学する。
 
高校2年生の時に一学年上の吉原宏太(元日本代表。ガンバ大阪などで活躍)との2トップで高校選手権に出場する。
 
岡山は既に183cmあった身長を武器にベスト4まで勝ち進んだ。
 
選手権では中村俊輔、北嶋秀朗、南雄太とともに優秀選手にも選ばれる。
 
特に中村俊輔との出会いは強烈で同い年とは思えないほど技術の差を痛感し、当初大学進学を考えていたが、プロサッカー選手への道を模索した。
 
高校卒業後、岡山は韓国の社会人チームである韓国国民銀行、油公らの練習生になりチャンスを伺う。
 
またテレビ番組「ASAYAN」という番組内の企画「Jリーガーオーディション」に積極的に参加。
 
出演していたラモス瑠偉からも一目置かれる存在だったが、途中で横浜マリノスから誘いを受ける。
 
マリノスとの練習生契約がまとまった岡山は1996年8月に横浜マリノスへ入団した。

岡山一成のプロ入り後


マリノスに入団した岡山はJリーグ初ゴールから3試合連続でゴールをマーク。
 
未完成ながらも荒々しく無骨なプレースタイルはサポーターからの支持を受けるも、当時のマリノスには城彰二や元スペイン代表のサリナスがいた為、出場機会に恵まれずこのシーズンはリーグ戦8試合に出場し3得点に留まった。
 
1999年シーズン後半からはJ2の大宮アルディージャへレンタル移籍した。
 
2000年にマリノスに復帰し、DFとしてプレーするが出場機会は限られ、2001年にはセレッソ大阪へ。
 
セレッソ大阪ではリーグ戦28試合に出場し3得点を挙げるもセレッソがJ2へ降格。岡山自身も戦力外通告を受ける。
 
2002年からはJ2の川崎フロンターレへ。
 
ここで石崎監督から見出され、センターバックとしてプレー。
 
2004年のJ1昇格に貢献した。
 

2005年には当時J2のアビスパ福岡へレンタル移籍。フォワードとしても活躍し、J1昇格を果たした。

2006年は柏レイソルへ。
 
ここで開幕から2試合連続ゴールを挙げ、攻撃力の健在振りをアピール。
 
チーム最多タイとなる45試合に出場し、チーム2位の10ゴールを挙げるなど大黒柱としてJ1昇格に貢献した。
 
柏レイソルの顔になりつつあった岡山一成は07年、柏に完全移籍。
 
しかし、岡山と同じディフェンダーの古賀正紘の加入で出場機会が減ると、石崎信弘監督の勧めもあって、8月にベカルタ仙台へレンタル移籍をする。
 
2009年には韓国Kリーグの浦項スティーラースに練習生として参加し見事に契約を結ぶ。
 
同年8月22日の全北現代戦でKリーグデビュー、8月26日にピースカップでFCソウル戦に途中交代でDFながらFWとして出場しKリーグ初得点を決めた。
 

12月にUAEで開催されたFIFAクラブワールドカップでは2試合に出場。

3位決定戦のアトランテFC戦ではゲームキャプテンとして先発出場し、チームの3位入賞に貢献した。

2011年の6月からはコンサドーレ札幌でプレーして、2013年からはJFLの奈良クラブに在籍。

2017年シーズン終了後に契約満了に伴い奈良クラブを退団した。

岡山一成の引退後と現在

岡山は引退後、2019年より鈴鹿アンリミテッドFCのコーチ兼フィジカルコーチに就任した。

国内外、カテゴリーを問わずに10チームを渡り歩いたサッカー人生。

川崎フロンターレ、アビスパ福岡、柏レイソルの3チームをJ1昇格に導き、試合後にはメガホンを持ったパフォーマンス「岡山劇場」で人気を博した。

試合に出られない時もサポーターと積極的に交流。熱い盛り上げ役としてもピッチ内外で活躍した。

サポーターの持つ旗を手渡されると、それを振り回しながらスタジアムを一周し、お立ち台で盛り上げ、客席に向けて叫ぶ。

地域密着型のチーム作りをするJリーグにおいて、サービス精神が低い選手は少なくない。

しかし岡山一成のようにいつでも熱く盛り上げ、サポーターと一体になれる選手はどれほどいるだろうか。

岡山一成のおかげでもっとサッカーが好きになり、サポーターになった人も多いだろう。

岡山一成の今後のサッカー人生に注目したい。