選手一覧はこちらをクリック
FW

第35回 藤吉信次ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

ゴール後に見せるパフォーマンスは、「かい~の」「大相撲」「ぴょん吉」「アホの坂田」等、バリエーションも豊富で、幅広い層から人気を集めた。
 
しかし、藤吉信次のプロサッカー人生は決して平坦ではなかった。
 
プロデビューしたヴェルディでは三浦知良、武田修宏らスター選手の陰に隠れ、京都パープルサンガでは怪我に泣かされ出場機会に恵まれなかった。
 
それでも藤吉信次は国内外6チームを渡り歩き、22年のプロサッカー生活を送った。
 
平均引退年齢が25才といわれるJリーグの中で38歳まで現役生活を続けることができるのは並大抵のことではない。
 
そこにはユニークなキャラクターだけではなく、確かな技術と誰よりもサッカーを愛する強い信念があった。

藤吉信次のプロ入り前

藤吉は1970年に東京都町田市に生まれた。
 
中学時代に読売SCユースBに加入した。
 
高校は東京都立忠生高等学校に進学し、ユースもBチームからAチームに昇格した。
 
当時から読売ユースはレベルが高いことで知られ、藤吉の高い技術とドリブル能力は読売で培われた。
 
高校卒業と同時に日本サッカーリーグの読売クラブ(現東京ヴェルディ )に昇格加入。
加入1年目はリーグ戦10試合に出場し2得点を挙げる。
 
1989年の読売のFWはラモス瑠偉、武田修宏、戸塚哲也など実力者が多く、藤吉の出場機会は決して多くなかった。
 
読売2年目も17試合に出場し4得点を記録。
 
藤吉が読売に加入して3年目にチームはヴェルディ川崎として始動し、Jリーグに参戦した。

藤吉信次のプロ入り後


ヴェルディ川崎では三浦知良、武田修宏ら強力なツートップがいたため、藤吉はスーパーサブ的な扱いが多かった。
 
ヴェルディでの1年目のシーズンは6試合に出場し1得点。
 
2年目は8試合に出場し3得点を記録。ニコスシリーズのベルマーレ平塚戦ではDFを背負いながら見事なオーバーヘッドシュートを決める。
 
決して多くない出場時間の中で貴重なゴールを挙げ、ゴール後のパフォーマンスで一躍有名になった。
 
ピッチ外でもSMAP主演の映画「シュート!」にラモス瑠偉、武田修宏とともに本人役で出演したり、バラエティ番組やCM出演を果たすなど、多岐に渡って活躍した。
 
ヴェルディには1996年途中まで在籍し、出場機会を求め、京都パープルサンガへ移籍した。
 
京都では背番号11を背負い、本職のFW以外にMFもこなした。
 
京都には4年間在籍し、2000年には当時J2のベガルタ仙台へ移籍。
 
加入1年目に39試合に出場し10得点を記録。自身初となる二桁得点を記録した。
 
2年目にも31試合に出場し8得点を挙げ、ベガルタ仙台のJ1昇格に大きく貢献。
 
藤吉はこの時既に30歳を超えていたが、ベテランであるにもかかわらず、こぼれ球にも全力で飛び込むプレースタイルはベガルタ仙台の若手選手達への良い見本となった。
 
2003年は中国2部の成都天誠足球俱乐部で日本人初のCリーガーとしてプレー。
 
その後は2004年からは当時九州リーグに所属していたFC琉球に移籍し2005年のJFL昇格に貢献した。
 
2007年からは九州リーグのニューウェーブ北九州(ギラヴァンツ北九州)に移籍し、JFL昇格に貢献。2009シーズンを持って現役を引退した。

藤吉信次の引退後と現在

藤吉は引退後、ギラヴァンツ北九州のコーチに就任。
 
東京ヴェルディのユースコーチを経て現在は東京ヴェルディのトップチームのコーチを務めている。
 
現在、Jリーグ創世記に最強といわれたヴェルディはJ2で10年を超す長いシーズンを過ごす。
 
誰からも愛された男が古巣復活に向けて全力を尽くす。