選手一覧はこちらをクリック
FW

第20回 永島昭浩ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る。

Jリーグ創世記のガンバ大阪を支えた永島昭浩。

鬼気迫る表情でボールを受け取ると、ゴールまでの最短距離を狙い、

常にどん欲にゴールを狙った。

点取り屋とよんだほうがしっくりくるかもしれない。

そんな永島に迫っていく。

永島昭浩のプロ入り前

永島は1964年に兵庫県神戸市に生まれる。

小学4年生からサッカーを始めた。

高校は御影工業高校へ進学。
 
 
1、2年時には全国高校選手権出場し、注目を集める。
 
 
3年では兵庫県選抜入りし、島根国体で優勝する活躍を見せる。
 
 
高校卒業後の1983年に松下電器産業サッカー部(現ガンバ大阪)に入団するも、
最初の3年間はほとんど出場機会を得られなかった。
 
 
4年目からポジションを獲得した永島は、シーズンを通して7得点を記録。
 
 
入団7年目にはシーズンを通して22試合に出場し15得点を記録した。
 
 
1991年元日には松下電器の天皇杯優勝に貢献。
 
 
永島は活躍が認められ、日本代表に選出される活躍を見せた。
 

永島昭浩のプロ入り後


 
そして1993、Jリーグが開幕する。
 
 
松下電器はガンバ大阪になり、永島はチームのエースストライカーとしてガンバ大阪を支える。
 
 
永島は6月の名古屋戦でハットトリックを記録。
 
 
これはJリーグ日本人選手初のハットトリックとなった。
 
 
このシーズンは32試合に出場し12得点を記録するも、ガンバ大阪の成績は低迷した。
 
 
永島は翌年、清水エスパルスへ移籍。
 
 
開幕戦でゴールをあげるなど活躍し、Jリーグオールスターにも2年連続で選出。
 
 
このシーズンも28試合に出場し8得点を記録した。
 

しかし1995年。

永島の生まれ故郷である神戸が震災に合う。

永島の家も阪神淡路大震災により全壊した。

この震災を機に、永島は当時JFLだったヴィッセル神戸へ移籍を決意。

Jリーグの強豪クラブのエースが、下部リーグに移籍したことは大きな話題になった。

移籍初年度、永島は背番号「51」という大きな数字を背負ってプレー。

翌年は28試合に出場し17得点を記録するなど活躍し、ヴィッセル神戸のJリーグ昇格に貢献した。

永島はこの活躍からミスター神戸とよばれた。

その後、Jリーグに復帰したシーズンも32試合に出場し22得点をあげ、得点ランキング3位となる活躍をみせる。

その後、ヴィッセル神戸には2000年まで在籍。

引退するシーズンまで毎年得点を重ねた。

Jリーグで161試合に出場し61得点という記録を残して永島は引退をした。

永島昭浩の引退後と現在

永島は現在、ニュースキャスターとして忙しい毎日を送っている。

そのハンサムな顔つきとユニークなキャラクターでお茶の間の人気者となっている。

ミスター神戸とまでよばれた永島が背負った背番号「13」は、神戸のエースナンバーとされ、永島の後に播戸竜二、大久保嘉人、我那覇和樹とエースストライカーが背負い続けた。

震災を機に、地元を盛り上げようと下部リーグに移籍した永島。

現役晩年の選手なら分かるが、永島はまだ現役バリバリの選手だった。

そして驚くべきところは、その3年後に、Jリーグに復帰したあとも得点を量産したことだ。

生粋の点取り屋はステージを選ばず活躍し続けた。