選手一覧はこちらをクリック
DF

第4回 松田直樹ってどんな人?生い立ちやプレースタイルに迫る

松田直樹。

この男ほど気迫に満ちた男はいないのではないだろうか。

ピッチで鬼のような形相で相手に睨みかかったと思えば

次の瞬間には天使のような微笑みでチームメイトに話しかける。

この男がいる限り、日本代表のDFはしばらく安泰だとも言われた。

享年34歳。

彼のプレーはいつまでも私たちの心に残り続ける。

松田直樹のプロ入り前

松田は1977年春、群馬県桐生市で生まれた。

兄の影響でサッカーを始めたのは小学校1年生の頃。

当時は、野球人気が全盛の時代だったが、松田はとりつかれたようにボールを追いかけることに夢中になっていた。

中学校まではFWでプレー。

当時の前橋育英高等学校監督だった山田耕介氏に、松田のDFとしての資質を見出され、DFにコンバート。

当時のU-15日本代表監督であった小嶺忠敏氏に声をかけられ、U-15日本代表に選出された。

松田はそのまま前橋育英高等学校へ進学し、メキメキと力をつけ17歳の時に飛び級でU-19日本代表にも選出。

Jクラブ争奪戦の末、横浜マリノスへ入団する。

松田直樹のプロ入り後


松田はJリーグ開幕戦からスタメンに抜擢される。

1年目からリーグ戦33試合に出場。

初年度にはマリノスで年間総合優勝も経験した。

当時のマリノスのDFは日本代表DF井原正巳、小村徳男を擁しており、GKには元日本代表川口能活氏がいた。

高いレベルで揉まれることで、松田は更に成長し、成長を遂げる。

そして1996年アトランタオリンピックではマイアミの奇跡を経験する。

19歳4カ月でのオリンピック出場は、当時の日本サッカー史上最年少での五輪出場だった。

1999年には松田の代名詞ともいわれる背番号「3」を背負う。

その後、慢性的な右膝半月板の怪我を抱えながらも、マリノスで16年に渡ってプレー。

時にはDFではなく、ボランチでプレーすることも多く、劣勢時にはゴール前まで駆け上がりゴールを決めたり、GKが退場した時には代わりにグローブをつけてゴールマウスを守るときもあった。

ピッチの中を有能果敢に駆け回るその姿をみて、サポーターは彼をミスターマリノスと呼ぶようになる。

松田直樹の日本代表での活躍

松田は2000年にフル代表デビューを飾る。

当時の日本代表監督であるトルシエ氏に見込まれ、当時の日本代表キャプテン宮本恒靖氏と中田浩二氏とフラットスリーを形成。

2002年日韓W杯ではすべての試合でフル出場を果たした。

日本のベスト16入りに貢献した。

監督がジーコ氏に変わっても招集され続けたが、ドイツW杯アジア最終予選のバーレーン戦でベンチ外が決まると、納得がいかなかった松田は試合前に無断帰宅してしまう。

それ以降松田は代表招集されることは無かった。

松田直樹の松本山雅での活躍

松田は突然横浜マリノスから契約非更新の通達を受ける。

試合直後に統括部長に呼び出され、突然の戦力外通告。

松田は後に「頭が真っ白になって、何かを考えられる状況ではなかった」と、そのときのことを話している。

松田はマリノスでの退団セレモニーでサポーターに語り掛ける。

「マジでサッカー好きなんすよ。マジでもっとサッカーやりたい。本当にサッカーって最高な所を見せたいのでこれからも続けさせてください。」

ミスターマリノスはサッカーへの情熱を伝え、16年間在籍した横浜Fマリノスを退団した。

その後、数々のオファーを受けた中で松田が選択したのは当時JFLに所属する松本山雅FCだった。

日本代表にまで昇りつめた男のJFLへの移籍は当時大きな話題となった。

松田はこの移籍について「スタジアムを見て社長やGMと話して吹っ切れた。お金は関係なかった」と話している。

松本山雅では15試合に出場。1得点をあげた。

松田直樹の突然の死

それはあまりにも突然だった。

松田はチームの練習中に突然倒れ、病院に搬送された。

病名は「急性心筋梗塞」。

意識は戻ることなく、病院でそのまま息を引き取った。

松田の死は各方面で大きく取り上げられた。

松田の葬儀には多くの関係者やサポーターなどが参列し、早すぎる死を悔やんだ。

当時の国際サッカー連盟会長ゼップ・ブラッター氏は「日本代表の伝説的なディフェンダー(the legendary defender of the national team of Japan)」と評し、哀悼のメッセージを贈り、スペインの国営放送TVEではゴールデンタイムのニュース番組で松田の死を報じた。

松田が練習を行っていたグラウンドには AED(自動体外式除細動器)が設置されていなかった。

このことを取り上げた日本サッカー協会は、2012年度よりJリーグだけでなく、JFL等(Fリーグ、なでしこリーグ)に試合や練習におけるAED常備を義務付けることを決めた。

そして横浜Fマリノスは背番号「3」を永久欠番とすることを発表した。

語り継がれる「3」の系譜

心に込み上げてくるものがあった。

2011年12月、マリノスが松本山雅と対戦した天皇杯4回戦。

松田が生前、「練習試合でもいいからマリノスと戦いたい」と発言していたことを受け、松本山雅の選手全員が松田の背番号「3」入りの練習着を身にまとってピッチに現れたのだ。

スタジアムに鳴り響く松田コール。

横浜FMの試合では松田の顔が描かれた横断幕が掲げられており、日産スタジアムの試合では3ゲートに掲げられている。

こんなエピソードもある。

横浜Fマリノス時代にチームメイトだった永井秀樹は「自分が一緒にプレーした中で間違いなく最高のDF」と、松田を評価していた。

そして2017年の8月14日の永井の引退試合で、松田の長男が背番号3のユニフォームを着てプレーしたのだ。

松田直樹の残した功績は語りつくせない。

いや、語りつくす必要などない。

彼はいつまでも我々の心の中にいるのだから。